コラム

運動 vol.5 〜水分補給〜

皆さん、こんにちは。4月から入社しました理学療法士の田尾です。

今回は「水分補給」について届けします。

 

人間の身体の約60%は水分で構成されており、一定以上の水分が失われると、脱水症状により、汗をかかなくなったり頭痛やめまい、けいれんなどの症状が起こります。

そういった症状を起こさないためには、運動時の水分補給だけでなく、日頃からの水分補給が大切になります。

 

摂取目安として、日頃から喉が渇く前に、こまめに水分補給を行うのが最適ですが、お仕事で忙しかったり、手元に飲料水がなかったりと難しいことが多いと思います。

ですので、運動の前だけでも意識をして1時間前から500mlを目安に少しずつ水分補給を行なっていきましょう。

 

また、運動中も15分に1回などのサイクルでコップ一杯や口一杯の水分補給を行うよう心がけ、約60%の体内水分量を維持し、脱水症状、頭痛やめまい、けいれんなどの予防を行っていきましょう。

 

そしてまた、水分補給は水だけでは体内に必要な成分が補えないため、スポーツドリンクなどの飲料を飲むと身体にはなお良いと言われています。

 

是非、皆さんも日頃の水分補給や運動前・中の水分補給の際に実践してみて下さい。