会員登録はこちら メンバーサービス LINEで友だち追加

コラム

栄養vol.15〜夏野菜を食べよう!~

みなさん、こんにちは。VITA CAFEの栄養士・うっすぃーです。

6月に入り、スーパーや八百屋さんでは一段と野菜の種類が増えてきました。

とくに夏野菜は色鮮やかで、見ていて楽しくなりますね!

今回のメルマガでは、「夏野菜を食べよう!」をテーマに、

夏野菜の特徴や効能、栄養についてお伝えします。

 

  • 夏野菜はどんな野菜?

代表的なものは、トマト、きゅうり、ピーマン、ゴーヤ、ナス、

とうもろこし、かぼちゃ、ズッキーニ、オクラ、パプリカ、じゃがいも、しょうがなど。

濃く、はっきりとした色が特徴です。

これから夏の暑い時期になると食欲も落ちてしまいがちですが、

このカラフルなビタミンカラーには食欲を刺激する役割もあります。

彩りも意識して取り入れましょう。

 

  • 栄養素や効能

水分やカリウムを豊富に含んでいるものが多く、

身体にこもった熱をクールダウンしてくれて、夏バテや熱中症の予防、

利尿作用によるむくみの解消に効果的です。

また、ビタミンが豊富で、紫外線から肌を守ったり、

胃腸を整えたりする作用も期待できます。

野菜は旬の時期に栄養価が高く、不思議とその時期の身体に

必要な栄養素が詰まっていると言われますので、

ぜひ旬のものをいただきましょう。

 

  • おすすめの食べ方

トマトやきゅうりのように、生でそのまま食べられるものも多く、

手軽に栄養補給ができます。ビタミンCのように

加熱すると壊れやすい栄養素は、生で食べるのが一番です。

でも、壊れてしまっても、スープやカレーなどのように、

溶け出た栄養素も丸ごといただける調理方法なら問題なしです。

また、ピーマンに多いビタミンAは、油と一緒にとることで吸収率が高まります。

油で炒めて食べる調理は栄養素の観点からもおすすめです。

ピーマンとナスの味噌炒めや、ピーマンと豚肉の青椒肉絲など、いかがでしょうか。

 

VITA CAFEでも、今週から「夏野菜」をテーマに、新メニューが続々と登場します!

★第一弾は「夏野菜の和風キーマカレー」。【本日、9()12()13()】!

★第二弾は「ピリ辛麻婆茄子丼」【15()18()】!

★第三弾は「豚肉と夏野菜のうま辛ごはん」【21()23()

★第四弾は「VITA風野菜たっぷりタコライス」【28()30()

みなさん、ぜひ食べにいらしてください♪

 


メルマガ:21年6月7日号