会員登録はこちら メンバーサービス LINEで友だち追加

コラム

栄養vol.16〜夏バテしない食事~

みなさん、こんにちは。VITA CAFEの栄養士・うっすぃーです。

私は現在、自分の身体改良計画を行なっています。
なかなか運動もできず、MAX体重になってしまったのをきっかけに、
休みの日の運動と、それに合わせた食事のとり方を意識して、4ヶ月で4kg減。
筋肉量は落とさず、体脂肪を徐々に減らしてきています。

5ヶ月目に入り、この状態を維持しつつ、さらにもう一押し。
トレーニングの仕方も変えて新たな段階に入りました。
トレーニングに励むみなさん、毎日暑いですが、変化を楽しみながら頑張りましょう!

 

今日のメルマガは、暑くて食欲が落ちやすい季節ですが、
そんなときこそ気を付けたい「夏バテしない食事」をお伝えします。

 

  • 夏の食事は「炭水化物(糖質)」が多くなりがちに

暑くて食欲がなくなるのはもちろんですが、冷たい飲み物や食べ物をとることが多くなったり、
冷房のきいた部屋にいる時間が長くなったり…。夏バテになりやすい原因は様々あります。

食欲が落ちると、さっぱりしたものが食べたくなりますよね。
ごはんやパンよりも、そうめんやうどん、蕎麦など、つるっと喉越しの良い食べものが恋しくなります。

しかし、麺類は糖質過多になりやすいので注意が必要です。
また、水分の多い野菜をサラダで食べたくなりますが、
これだけではエネルギーが足りません。

 

  • 必要なのはやっぱり「たんぱく質」

そんなときこそとりたい栄養素が「たんぱく質」です。
筋肉のみならず、内臓、髪、皮膚、血液や血管にいたるまで、体を作る材料になります。
日々、分解と合成を繰り返して新しく生まれ変わる体には必要不可欠なものです。
糖質は体を動かすエネルギーになりますが、体を作る材料にはなりません。
野菜も体の調子を整えるのに必要ですが、たんぱく質とは役割が異なります。
そのため、暑さで体力を消耗する夏こそ、たんぱく質をしっかりとることが大切です。

 

  • おすすめメニュー

ポイントは、たんぱく質+糖質とともに、野菜、海藻類、きのこをプラスすることです。

 

◆「冷しゃぶサラダうどん(そば)」

→豚肉は疲労回復に効果的です。
茹でることで余分な脂質を落とし、たっぷりの野菜サラダとともに、
お好きな麺の上にのせて食べましょう!美味しすぎて麺の食べ過ぎに注意です。

 

◆「豚肉の生姜焼き」

→豚肉と玉ねぎは吸収率が上がる最強の組み合わせです。
おかずだけでなく、おにぎりやサンドイッチの具としても大活躍します。
しっかりした味付けで、食欲も進みます。

 

ぜひお試しください。

次回のメルマガは、「休養」をお届けします。お楽しみに!

 


メルマガ:21年8月7日号