会員登録はこちら メンバーサービス LINEで友だち追加

コラム

運動vol.13~長時間のスマホとパソコン操作に注意! スマホ顔を防ぐ表情筋トレーニング~

皆さん、こんばんは。マツです!

早いもので、もう少しで梅雨の季節。外出も限られお家時間が多くなりますね。

また、在宅ワークや家で過ごす時間が長くなると、1日中パソコンやスマホとにらめっこという人も多いと思います。

そんなみなさんに注意していただきたいのが長時間のパソコン、スマホ操作による、「スマホ顔」です。

最近フェイスラインのたるみや二重アゴ、口角が下がってきたという方は是非、最後まで読んで表情筋トレーニングを行ってみて下さい。

 

・スマホ顔になる原因

スマホやパソコンを長時間みると、なぜ顔のたるみや

口角が下がってくるかというと、その原因は姿勢の悪さにあります。

スマホやパソコンを使用するときは首が前のめりになり、

背中が丸まり気づかないうちに猫背になりやすくなります。

この状態が続くと、肩や首がこり固まり、

老廃物や血流の循環が悪くなり、顔がむくみやすくなります。

また、うつむいた姿勢が長く続くことで、

顔の皮膚や筋肉が緩みがちになります。

その結果、顔に脂肪が付きやすくなり、

頬のたるみや二重アゴができる原因になります。

 

・スマホ顔を防ぐポイント

1.姿勢を正す

スマホを見るときは、なるべく自分の目線と水平になるように注意し、

猫背にならないように心がけましょう。

パソコン操作の場合は、台に載せるなどして画面の位置を

目線の高さに合わせることをオススメします。

 

2.口角を上げて使用する

口角を上げることを意識すると表情筋が鍛えられ、

顔のたるみやほうれい線の予防にとても効果的になります。

 

・表情筋トレーニング「アイウエオ運動」

アイウエオの口の動きを極端に大きく行いましょう。

口を大きく動かすのがポイントです。

アイウエオの動きを10回→アオアオの動きを10

→最後にウイウイの動きを10回行ってみましょう。

スマホ、パソコン操作中の1時間に1回のペースで行うのが効果的です。

是非皆さん試してみて下さい。

 


メルマガ:4月27日号