コラム

休養vol.7 〜ゆっくりすることだけが休養じゃない?積極的休養〜

みなさんこんにちは!塩澤です!さて、今日のコラムは休養についてです。

みなさんは休みの日、どのように過ごされていますか?

私はUBOUNDやプロジェクション格闘技のレッスンが終わったあと、

疲れてのんびりしたいなーなんて思うこともありますが、

休養方法にはたくさんの方法があるようです!早速みてみましょう!

 

  • 「積極的休養」と「消極的休養」

休みの日に、体の疲れをとるために1日中ごろごろ・・・

しかし、そのような過ごし方をすると、逆に体が鈍り疲れてしまうこともありますよね。

休養には、その漢字の意味から想像できる通り、2つの側面があります。

 

1つ目は「休む」こと→消極的休養

ごろごろしたり、ボーっとしたりすることで、心身を活力ある状態に戻します。

身体的な疲労をとることに用いられます。

こちらの休養方法については、今までの休養メルマガでもたくさんご紹介してきました。

 

・2つ目は「養う」こと→積極的休養

鋭気を養い、健康能力を高めることで、精神的な疲労を回復させてくれる効果があります。

今回はこちらの休養方法を紹介していきます!

 

  • 積極的休養の方法

積極的休養を促すのは、有酸素運動です。

有酸素運動をすることで、消極的休養よりも疲労物質が除去されやすくなります。

ですがあくまでも休養なので、頑張りすぎないことがコツです。

例えば・・・

・走りながら会話ができるスピードでのジョギングを2030

・スイミングではゆっくりの平泳やクロール、水中を歩く

芝生エリアで行われている15分のレッスンも、ちょうどいいのではないでしょうか?

 

 

みなさんも、ご自身の疲労度によって、休養の方法を使い分けてみてはいかがでしょうか?

VITA BASEでの心地よい運動も、休養に繋がることもあるかもしれません!

積極的休養には、ぜひVITA BASEでお待ちしております♪

 


メルマガ:10月17日号